--.--.-- -- --:-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.30 Mon 17:11 - travel
GW前半、ダンナサンが中国出張の為
急遽実家へ帰省。
出ました、hinaさんと初の二人旅

飛行機じゃ耳抜きしなくちゃ、とお茶の用意。
しかしながら、またしても滑走路での走行中に爆睡。
お茶、不必要・・・

4ヶ月ぶりの実家生活。
じぃもばぁもメロメロだった。面白いぐらいに。
でも一番メロメロなのはこの人。
5hina20.jpg

あたしの妹。
片時もhinaを放しません。
ばぁにも抱っこ権は譲りません(笑)
当日、職場では「うちに赤ちゃん来んねん」と5歳児に自慢してたそう。
(職業は保育士)

ばぁに買ってもらったsassyの馬。
5hina21.jpg

鞍の部分を押すといろんなバージョンの音が流れるの
ベロベロとなめて気に入ったもよう。
高かったから買ってもらって良かったわ。

5hina22.jpg

ティコさんと。
どうもふさふさの毛の感触が面白いらしく、ケラケラ笑ってた。
残念ながら、ティコはアイドルの座を奪われたのを気にしてhinaには近付かなかったんだけどね

実家生活では、hinaは終始ぐずぐず。
というか、喜怒哀楽が激しかったよ。
機嫌がいい時はケラケラ笑うんだけど、悪い時は泣きぐずる。
夜なんて、新生児の頃を思い出したのかと思うぐらいの3時間起き。
というか、1時間ごとに泣いて起きてるよ
ま、2日目3日目となると段々と減って朝まで寝てくれるようになったけど。
でもって、ここぞとばかりに、ばぁとあたしの妹に服を買ってもらった。
西松屋では、「これええんちゃう?」モノはすべてかごへ。
後で選別して買おうとしてたが、面倒で全部買っちまえってことに(笑)
またまた衣類が大量に増えちゃったよ。

次は6月末に帰省。
スポンサーサイト
2007.04.23 Mon 16:50 - baby
4hina16.jpg

5ヶ月になりました。

毎月「○ヶ月になりました」って言ってるから早いっ
赤子の成長はすごいものなのね。
で、恒例の計測。

体重 6280g
身長 64.0cm

順調に大きくなってます、との保健士さんのお言葉。
嬉しいわっ
そして、とうとう6キロ突入。
最近抱っこが大変になってきました
腕力のない母でごめんよ…
体重は、標準の下辺りをうろうろ。
身長は、標準ど真ん中をうろうろ。
誰に似たんだい?こんなスリムな子(笑)

...CONTINUE
2007.04.18 Wed 19:58 - book
講談社 2007年01月
229p 19cm 1,029円

■内容■
「虚刀流はよ、刀を使わないからこそ強いんだ」
伝説の刀鍛冶、四季崎記紀(しきざききき)がその人生を賭けて鍛えた12本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花(やすりしちか)と美貌の奇策士・とがめが征く!刀語(カタナガタリ)、第1話の対戦相手は真庭忍軍十二頭領が1人、真庭蝙蝠!
衝撃の12ヵ月連続刊行企画“大河ノベル”第1弾!

■感想■
時代物なのね。ちょっと読みづらい。
現代物の方が読みやすいんだよね。
でも西尾維新だからまだましかな。
始まりの一冊だから様子見。
でもそれぞれのキャラの背景もあるみたいだし、全部読んでいこう。
2007.04.12 Thu 15:37 - book
講談社 (ISBN:978-4-06-182506-2)
2007年01月 243p,317p 18cm 

■内容■
ある快晴の日。人気作家チヨダ・コーキの小説のせいで、人が死んだ。猟奇的なファンによる、小説を模倣した大量殺人。この事件を境に筆を折ったチヨダ・コーキだったが、ある新聞記事をきっかけに見事復活を遂げる。闇の底にいた彼を救ったもの、それは『コーキの天使』と名付けられた少女からの百二十八通にも及ぶ手紙だった。事件から十年―。売れっ子脚本家・赤羽環と、その友人たちとの幸せな共同生活をスタートさせたコーキ。しかし『スロウハイツ』の日々は、謎の少女・加々美莉々亜の出現により、思わぬ方向へゆっくりと変化を始める…。

■感想■
トキワ荘のようなお話。
もっと殺人事件かと思ったけど全然違うかったよ。
上下巻だったが読みやすかったのですいすいと読破。
最終章は意外な展開でびっくり。どっきり。
ラストは推理小説じゃなくて、恋愛小説のようだったよ。ハッピーエンド。
2007.04.10 Tue 13:51 - baby
近所の児童ホーム、イベント時に一回行っただけ。
なので、普通の時に行ってみた

午前授業のせいか、小学生多し。
都会の小学生は児童ホームなどで遊ぶのだなと納得。
(田舎の子は野山で遊びまわってます(笑))
今日はお友達の真央ちゃんと一緒に
4hina13.jpg

大きな熊がいたのでパチリ

それから我が家へ。
真央ちゃん、sassyのプレイジムに大興奮で可愛かったぁ
4hina14.jpg

hinaよりも2週間早い生まれ。
既にコロンコロンと寝返りできてました
真央ちゃんを見習って寝返り頑張ろうねっ。
4hina15.jpg
2007.04.07 Sat 16:59 - diary
4月7日は5年目の結婚記念日。
ダンナサン企画。
「幕張のホテルニューオータニ内のイタリアンでディナーを食べよう」

その前にお昼過ぎにhinaっちの三種混合①を接種
BCGよりも痛かったのか普通に泣いてました
でも、待合室で待つ頃には泣き止んでたけどね。

病院を出た後は、幕張へ向かうことに
ホテル着15時。
ディナーは18時から。

・・・・・・・・・・・・・暇だ


ちなみに、うちのダンナサン思いつきでよく行動します(笑)
ええ、今回も思いつき出ました

ディナーだけの予定が宿泊まですることに
4hina1.jpg


ディナーまでふかふかベッドを堪能する親子の図。

...CONTINUE
2007.04.05 Thu 10:51 - book
2007年02月 248p 20cm 1,680円

■あらすじ■
短大生・佐和の住む田舎町に、いとこの海里が帰ってきた。美しくも獰猛な性格の彼女の帰郷に胸をざわめかせるのは、佐和だけではなかった。母や兄、そして佐和の彼氏・草―。人びとの気持ちがすれ違うほど、想いはせつなくつのる。

■感想■
この人のイラストや日記が好きで読んでたんだけど、初の小説かな?
純文学っぽい感じ。説明が多かったのか、ちょっと読みにくかった
ラストは爽やかに終わったのでまぁまぁかな
2007.04.02 Mon 22:54 - diary
近所にお散歩がてら花見へいってきたよ。

でも

最初っから最後までhinaっち爆睡
桜と一緒に写真を撮りたくて抱っこしても
4h1.jpg

・・・・寝たまんま
そんなに眠たかったのか

でもって久しぶりにむぅ解禁(笑)
4h2.jpg

絨毯と同化してるけど、むぅがいるよ。
 
プロフィール

tomo

Author:tomo
千葉県。
1975.8.9生
獅子座のA型

* family *
ダンナ、ムスメ、ムスコ、うさぎ。

* hobby *
読書、カメラ。

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索
OTHERS
Powered by FC2ブログ
Templated by TABLE ENOCH
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。