--.--.-- -- --:-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.20 Thu 21:09 - diary
came.jpg
お気に入りの帽子を被ってお散歩。
雑貨屋さんで買ったんだけど、違う雑貨屋さんの店員さんに「似合ってるね」ってほめられちゃった

これを撮ったのはまだ暖かい時だったんだけど、最近急に冷え込んだ。
上着を着ないと外でいられない寒さ。
いつか風邪をひきそうだわ
でも子供はへっちゃら。
寒いから家へ帰るよりも、公園でもっと遊ぶ!だって。
あたし凍えちゃうよ。
スポンサーサイト
2008.11.20 Thu 21:01 - book
講談社 2008年10月
286P 20cm 1,575円(税込)

■内容■
誰もが不安を抱えて歩き続ける、未来への“道”。子どもが感じる無力感、青春の生きにくさ、幼さゆえの不器用…。それぞれの物語を、優しく包み込んで真正面から描いた珠玉の三編を収録。涙がこぼれ落ちる感動の欠片が、私たちの背中をそっと押してくれます。はじめましての方にも、ずっと応援してくれた方にも。大好きな“彼ら”にも、きっとまた会えるはず。

■感想■
この人は長編を書くのが好きだなーと思ってたんだけど。
やっぱり短編だと世界に入り込めないかなぁ。
3つのお話が入ってるけど、どれももっと先を読んでみたいと思うものばかり。
そこで終わってもなぁと感じちゃったよ。
最初の話はずっと男の子かと思ってた。
でも女の子だったとしてもそれで何か感動があるかと言えばないんだな。
ひとつひとつの話は好きなんだけど、それだけで一冊分の内容だと楽しめたかな。
2008.11.06 Thu 23:18 - diary
11hina1.jpg
日々お出かけに勤しむ親子。
浦安に大きな公園を発見。
図書館も隣接してるので通っちゃうかも。
大きな遊具や一人で滑れる滑り台。
多々あるのに、一番好きなのは階段の上り下り・・・
体を鍛えているのかい?

なんにせよ、公園だとあたしは写真をいっぱい撮れて満足ですが。
2008.11.01 Sat 23:55 - book
講談社 2008年03月
235P 18cm 1,092円(税込)

■内容■
『零崎一賊』—それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!新青春エンタの最前線がここにある。

■感想■
大好きな零埼シリーズ。少女趣味って名前だから変なのかと思ったら、少女しか殺さないのね。
曲識さんが赤い人と出会うとは・・・
でもやっぱり死んじゃうのは悲しいね。
2008.11.01 Sat 23:49 - book
講談社 2008年05月
357P 19cm 1,365円(税込)

■内容■
「120パーセント趣味で書かれた小説です。(西尾維新)」高校生・阿良々木暦は、ある日、血が凍るほど美しい金髪の吸血鬼と出遭ってしまった……!?彼女がいなければ、“化物”を知ることはなかった——『化物語(バケモノガタリ)』の前日譚は、ついにそのヴェールを脱ぐ!『化物語』で大好評を博した台湾のイラストレーター“光の魔術師”ことVOFANとのコンビ再び!西尾維新が全身全霊をかけて描く、これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春は、いたみなしでは過ごせない。

■感想■
2006年に発売された「化物語」の前のお話。「化物語」よりも話が単一化しているので読みやすい。
間の3人の敵との戦いは相変わらずだけど、ラストはなるほどそうきたかという感じ。
そういやどうなるかわかっていたのにね。
ほんと委員長ってば不思議キャラ・・・
2008.11.01 Sat 23:48 - book
文芸春秋  2008年05月
279P 20cm 1,450円(税込)

■内容■
危険を避け、できるだけ頑張らずにすむ道を吟味し、最小の力で人生を歩んできた高橋青年。彼の運命を変えたのは、入社した「銀河不動産」だった。奇妙な「館」、衝撃の連続。究極の森エンターテインメント。

■感想■
最後はどろどろな感じで終わるのかと思いきや、意外とさわやか。
ハッピーエンド?
そう思えると読みやすかったのかも。
2008.11.01 Sat 20:57 - book
角川書店  2007年12月
259P 20cm 1,575円(税込)

■内容■
クラスメートの杉山が死に、僕の名前を彫り込んだプレートを遺していった。古い手紙には「友人の姫野に、山岸小夜子という女と関わらないよう伝えてほしい」という伝言が。しかし、その山岸もまた死んでしまったらしい。不可解な事件に否応なく巻き込まれてゆく僕は、ある時期から自分の記憶に曖昧な部分があることに気づき始める。そして今度は、僕の目前で事件が—。

■感想■
確実に読んだのに感想をまったく覚えていないってこれどういうこと?
もう一度再読いたします。
 
プロフィール

tomo

Author:tomo
千葉県。
1975.8.9生
獅子座のA型

* family *
ダンナ、ムスメ、ムスコ、うさぎ。

* hobby *
読書、カメラ。

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索
OTHERS
Powered by FC2ブログ
Templated by TABLE ENOCH
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。