--.--.-- -- --:-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.15 Wed 00:28 - diary
1_20090415002611.jpg
最近、散歩に出る度に持ち帰るタンポポ。
すっかりhinaも「たんぽぽ」の言葉をインプット。
そしてそれは、むぅみんずのデザートになることも。
必ず2個持ち帰って散歩のお土産に
スポンサーサイト
2009.04.15 Wed 00:24 - book
文芸春秋 2008年12月
346P 20cm 1,500円(税込)

■内容■
2004年にメフィスト賞で作家デビューをした辻村さん。その後、学園ミステリーを中心に書いてきましたが、本作は20代後半の男女を主人公にした心理サスペンスです。小説は、クラス会のシーンから始まります——。F県立藤見高校旧3年2組。卒業から10年たった彼らは、それぞれに大人の悩みを抱える年になっていた。欠席している同級生の1人が、女優として成功を収めていた。その名は「キョウコ」。映画やCMに引っ張りだこの彼女を、次の同窓会に呼ぼうと盛り上がる。しかし、彼女に連絡をとることで、思い出される「若さゆえの残酷さ」に彩られた記憶。本書の読みどころのひとつは「心理描写」。思わず「そうそう」と頷(うなず)きたくなるところや、かさぶたを剥がすように暗部を抉(えぐ)り出す場面も……。そして、あっと驚く「謎解き」もあります。辻村ブレイクのきっかけとなる第一級のエンタテイメントです。

■感想■
いつものどんでん返しにびっくり。学生時代が懐かしいなぁ。
最初の「半田聡美」の章が切ないな。
そしてその後どうして連絡不能になったのかもっと違った話だったら良かった。
2009.04.15 Wed 00:19 - book
宝島社 2008年11月
373P 20cm20cm 1,575円(税込)

■内容■
厚労省役人でロジカル・モンスターの白鳥に、医療事故調査委員会への出席を依頼された田口。さまざまな思惑が飛び交う会議で、田口は、グズグズの医療行政の現実を知ることに…。メディカル・エンターテインメント第4弾。

■感想■
ぎゃー、内容が難しすぎ。カギカッコのところしか読めないよ。
内容も難しいけど、この人の書き方が苦手なので…
医療崩壊だね。
この先でもどうなるのかは気になるので読み続けよう。
2009.04.02 Thu 23:07 - travel
rabbit.jpg
初、大久野島上陸
うさぎだらけでウハウハでした。
最近、むぅみんずが苦手なhinaっちは逃げ惑っておりましたが
宿泊所自体もとっても綺麗で広いお部屋なのでリピーターになりそう。
島のうさぎ達に癒された2泊3日の旅。
 
プロフィール

tomo

Author:tomo
千葉県。
1975.8.9生
獅子座のA型

* family *
ダンナ、ムスメ、ムスコ、うさぎ。

* hobby *
読書、カメラ。

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索
OTHERS
Powered by FC2ブログ
Templated by TABLE ENOCH
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。