--.--.-- -- --:-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.01 Sat 20:57 - book
角川書店  2007年12月
259P 20cm 1,575円(税込)

■内容■
クラスメートの杉山が死に、僕の名前を彫り込んだプレートを遺していった。古い手紙には「友人の姫野に、山岸小夜子という女と関わらないよう伝えてほしい」という伝言が。しかし、その山岸もまた死んでしまったらしい。不可解な事件に否応なく巻き込まれてゆく僕は、ある時期から自分の記憶に曖昧な部分があることに気づき始める。そして今度は、僕の目前で事件が—。

■感想■
確実に読んだのに感想をまったく覚えていないってこれどういうこと?
もう一度再読いたします。
COMMENT
COMMENT FORM
NAME

MAIL

URL

PASS

COMMENT
OLD LOG   HOME   NEW LOG
 
プロフィール

tomo

Author:tomo
千葉県。
1975.8.9生
獅子座のA型

* family *
ダンナ、ムスメ、ムスコ、うさぎ。

* hobby *
読書、カメラ。

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ブログ内検索
OTHERS
Powered by FC2ブログ
Templated by TABLE ENOCH
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。